糖分を抑える

ベリースムージー

糖尿病は、糖質をエネルギーにするインシュリンというホルモンの働きが悪くなる病気です。悪化すると、細胞がエネルギーを吸収できなくなって死んでいくので、それによって体の各部の機能が衰えていきます。悪化を防いだり改善したりするには、インシュリンに無理をさせないように、日頃の糖質の摂取量を減らすことが大事です。そのため糖尿病患者の多くが、糖質制限という食事療法をおこなっています。 糖質制限をするためには、糖質の少ない食材を、糖質による味付けをあまりせずに調理して食べることが肝心です。食材の選択にも調理にも手間がかかるので、昨今では宅配サービスを利用する人が増えています。糖質の摂取量が少なくなるように工夫された食事を、自宅まで届けてもらうというサービスです。 こういったサービスを利用して食事療法を進めていくことで、糖尿病は徐々に改善されていきます。

糖尿病を改善するための糖質制限食の宅配サービスは、電話やインターネットなどで申し込むことができます。どのくらいの頻度で宅配してもらうかは、自分で選択することができます。糖尿病の度合いや血糖値は人それぞれ異なっているので、改善のためのベストなペースを自由に選べるようになっているのです。たとえば週に3回、夕食時のみといった選択も可能ですし、もちろん毎日3食分を宅配してもらうことも可能なのです。 また、作りたての温かい食事を届けてもらうこともできますし、自分で温めて食べることができる食事を届けてもらうこともできます。後者の場合、まとめて数日分を届けてもらうことができるので、仕事などで留守をしていて受取が難しい人にとっては、非常に便利です。